会社歴史(会社概要)

ホーム › 会社概要 › 会社歴史

会社歴史

こころを伝える、350年の伝統がある。

1658 万治元年 初代嘉右衛門が阿波藍(染料)の取り扱いを開始。
これより代々嘉右衛門を世襲するようになる。
1779 安永8年 七代目嘉右衛門が阿波芝生にて酒造業を併営。
1789 寛政元年 八代目嘉右衛門が讃岐琴平(金陵)でも酒造業を開始。
以来、金刀比羅宮のご神酒は金陵となる。
1918 大正7年 9月25日、十五代目嘉右衛門、株式会社金陵西野商店に改組(現酒類部)。
1919 大正8年 瓶詰工場を改築。名実共に完備した最新式の大能力工場と認められる。
この頃金陵西野商店の本支店所在地は、本店/琴平、支店/福岡・呉・高松・三豊、工場/琴平・明石
1921 大正10年 大阪支店を開設。
1934 昭和9年 清酒金陵/石数10,000石、販路/四国はもとより、東京、大阪、呉、大連、北陸、山陰に広がる。
1948 昭和23年 有限会社西野商店(現化学品事業部)と株式会社金陵西野商店を合併、株式会社西野商店となる。
1952 昭和27年 名古屋支店を開設。
1959 昭和34年 大阪今里に樹脂工場を置く。後に、寝屋川に移転する。
1961 昭和36年 販売の中枢として高松市亀井町(五番町交差点)に高松本社ビルが完成。
1962 昭和37年 大阪本社ビルが完成。
1963 昭和38年 松山支店を開設。
1969 昭和44年 最新設備の粋を結集した多度津工場が完成。
敷地面積/27,607m2、建物延床6,696m2
1971 昭和46年 鳴門支店を開設。
1972 昭和47年 岡山支店を開設。
1978 昭和53年 高速瓶詰機・500石配合タンクを設置。
1980 昭和55年 多度津工場の事務所が完成。
1982 昭和57年 株式会社西野商店を西野金陵株式会社に社名変更する。
1988 昭和63年 金陵の郷開村。
1997 平成9年 上海事務所開設。
上海西野貿易有限公司設立。
香川酒類販売株式会社、全株式及び経営権を取得。
1998 平成10年 株式会社多智花商店、全株式及び経営権を取得。
2001 平成13年 中央配送センターを開設。
2003 平成15年 新会社丸岡株式会社を設立。
2004 平成16年 株式会社ハスイ酒店、全株式取得。
2006 平成18年 洲本支店開設。
2008 平成20年 NISHINO KINRYO (THAILAND) CO., LTD.設立。
2011 平成23年 PT. NISHINO KINRYO INDONESIA 設立。