会社概要

ホーム › 会社概要

会社概要

こころを結ぶ、食生活文化の明日を担う。

名称 西野金陵株式会社
NISHINOKINRYO CORP.
代表者 代表取締役社長 西野寛明
所在地 本店(登記面):香川県仲多度郡琴平町623番地
電話番号:0877-73-4133(代) フリーダイヤル:0120-64-1336
(受付時間:月~金 9:00-16:00 土日祝 9:00-18:00)
化学品事業部別ウィンドウで開く 大阪本社:大阪市中央区久太郎町1丁目6番9号
電話番号:06-6262-2444
酒類部 高松本社:香川県高松市亀井町2番地8
電話番号:087-835-4133(代)
事業内容 清酒醸造、及び酒類、清涼飲料、果汁その他飲料、調味料その他食料品の製造並びに販売。
染料、顔料、医薬品、化学工業薬品、油脂、助剤、合成樹脂、中間物の販売、及び輸出入。
観光地における郷土資料館の経営を核とした観光業。
資本金 2,700万円(自己資本79億円)
年商 593億円
社員数 194名
創業・設立 化学品事業部創業:万治元年(1658年)
酒類部創業:寛政元年(1789年)
会社設立:大正7年(1918年)9月25日

酒造業

こころをこめた酒造りで、食文化を創造。

酒造りの歴史は、安永8年(1779)、七代目西野嘉右衛門が阿波(徳島県)芝生で開業したことに始まります。

寛政元年(1789)には、八代目西野嘉右衛門がおいしい酒造りに欠かせない米・水そして自然の恵み豊かな讃岐(香川県)琴平で酒造りを始めました。

ただひたすらに酒を慈しみながら、心をこめた酒造りの姿勢は、昔も今も変わりありません。

蔵元紹介へ

酒類・食品総合卸売業

こころを届ける食品卸で、豊かな食生活を演出。

食生活に豊さ、おいしさ、バラエティさが強く求められる現代。当社は、時代のニーズを先取り、早くから酒類・食品卸売業に着手しました。自社製品「清酒金陵」をはじめ、ビール、焼酎、洋酒、清涼飲料、調味料などを扱い、食生活の伸展とともに急成長。総合食品商社の一端を担っています。

観光業

こころが香る、お酒の歴史と文化の空間。

食文化を通して社会への貢献、そして、琴平の地域活性化への願いをこめて、こんぴらさん(金刀比羅宮)の参道口に開村したのが『金陵の郷』です。

寛政の酒造創業当時の白壁の酒蔵をそのまま復元。大楠がそびえる「くすのき広場」を取り囲むように建つ「歴史館」「文化館」では、昔ながらの酒造りの風景を再現。

酒を通して日本の食文化にふれ、日本酒との新たな出会いを楽しんでいただく場です。

金陵の郷へ

金陵のチャレンジ

清酒金陵の起源は安永8年(1779)阿波芝生における7代目西野嘉右衛門を始祖とし、寛政元年(1789)琴平での創業に遡ります。以来、酒造業に加えて全酒類・全食品卸売業をこの地より展開し、創業220年が経過いたしました。
「金陵の郷」はわたしたちのチャレンジであり、お酒を通して日本の食文化にふれ、日本酒との新たな出合いを楽しんでいただく場として、酒造創業当時の面影をそのままに瀬戸大橋開通の年(1988)に開村いたしました。
「食文化を通して社会へ貢献する」という経営理念に基づき、創業の地・琴平の発展を願って金刀比羅宮の参道口において地域と共に歩み続けています。